026-251-0808

あらかわファミリークリニック

健康応援情報information

漢方薬

漢方薬の効能、西洋医薬との違い、薬の飲み方を教えてください。

服用しやすいエキス製剤 体質が合うと効き目早い

漢方薬は自然界にある植物を中心に複数の生薬が組み合わされた薬です。漢方薬というと昔の薬、長く飲まないと効果が出ない、煎じて飲むと苦い、飲みにくい薬ーなどのイメージを持たれると思います。
現在多くの医療機関で処方される漢方薬はエキス製剤といって、煎じた液を濃縮、乾燥させて顆粒にし、アルミの袋に入れて飲みやすくしたものになっています。子どもでも比較的服用しやすくなっています。
現代西洋医学は病名を診断して治療しますが、漢方薬は何となく調子が悪い、だるい、気持ちが落ち着かない、おなかの調子が良くない、風邪をひきやすいなどの症状を改善させるのが得意です。子どもや保護者の話をよく聞いて、子どもの口の中、舌、脈の状態を見たり、おなかを触ったりして、体質や症状をチェックし、漢方医学で言う「気」「血」「水」のバランスを考えて処方します。

記事をすべて読む

ココアやアイスクリームに混ぜて飲むことも

薬が飲みにくい場合はココアやアイスクリームなどに混ぜて飲むこともできます。また袋状のオブラートに包み少量の水に沈めるとオブラートがゼリー状になり簡単に飲めます。
薬の効果が出るのが遅いと思われがちですが、体質(漢方でいう証)が合うと効き目がすぐ出ることが多いです。例えば鼻水、せき、腹痛、嘔吐、便秘、頭痛、めまい、おねしょ、夜泣き、かゆみ、冷え、イライラ感などに対して早く効果が出ることがあります。

ウイルス感染症に抗炎症効果

ウイルス感染症に対して西洋医学ではインフルエンザ、水疱(みずぼうそう)など一部を除いて特効薬はありません。それに対して漢方薬は多くのウイルスに対する抗炎症効果があるといわれています。
インフルエンザでも麻黄湯(まおとう)という処方薬はタミフルと同じような効果が表れることがあります。また風邪をひきやすい子に補材と言われる漢方薬を飲んでもらうといつの間にか、丈夫な体質になった例もあります。
漢方治療を希望される場合は漢方の経験豊富な小児科受診をお勧めします。
漢方薬も全く副作用がないわけではありません。もしアレルギー症状があればすぐ相談してください。

NPO法人ながのこどもの城
理事
あらかわファミリークリニック
新川一雄

掲載元:㈱週刊長野新聞社
週間長野
「じゃんけんぽん便り
子育て・子育ち相談室」
2021年12月18日 子どもと漢方

記事一覧へ戻る

子どもの鼻血

子どもがよく鼻血を出します。
園児の頃から、小学6年になっても続いているので心配です。

心配ないことほとんど 血液の病気であることも

小児では鼻血がよく出ます。鼻の粘膜には細い血管がたくさんあり、ちょっと鼻をいじったときや、風邪の鼻炎でも鼻血が出る事があります。鼻の入り口から約1センチ奥の鼻中隔部にあるキーゼルバッハ部位から出血することが多いです。

記事をすべて読む

注意して圧迫治療を

鼻血にびっくりして救急外来を受診しても、実際は緊急の処置をすることは多くありません。ほとんどの場合、小鼻を親指と人差し指でつまむ、または親指で出血側を圧迫する、綿球を出血部位に詰めることで止まります。
指による圧迫治療の際に注意することは、鼻血を飲み込まないように下を向いて座って10~15分ほど圧迫することです。飲み込むと血を吐いてしまいます。
鼻血を繰り返す場合は漢方薬を処方することもあります。
また、一般的にはなっていませんが、親指にある鼻血のつぼを細い針で刺激する治療もあります。当院で多くの患者さんに試みたところ、よく効きました。

救急受診の目安は

急いで受診すべき目安は、鼻血が圧迫や綿球詰めの処置をしても10~15分以上続く、顔色が悪い、体のほかの部位にも皮下出血斑がある、抗凝固剤を内服している、出血しやすい家系であるーなどの場合です。
繰り返す鼻血の原因は心配のないことがほとんどですが、中には鼻腔内の腫瘍性疾患、血管線維腫、また血友病、血小板減少症、白血病などの血液の病気が潜んでいることもあります。
止まりにくい鼻血の場合は、血液の病気、出血性疾患を診断する必要があります。また耳鼻科専門医での血管収縮剤を染み込ませた綿球による圧迫療法や内視鏡検査が必要になります。
繰り返す鼻血が心配な場合はかかりつけ医に相談してください。

NPO法人ながのこどもの城
理事
あらかわファミリークリニック
新川一雄

掲載元:㈱週刊長野新聞社
週間長野
「じゃん・けん・ぽん便り
子育て・子育ち相談室」
2020年8月22日 子どもの鼻血

記事一覧へ戻る

母親の甲状腺

発達を助けるホルモン 母体の異常が胎児に影響

甲状腺は頸部前面にチョウが羽を広げたような形の内分泌器官で、甲状腺ホルモンを産生します。甲状腺ホルモンは胎児、乳幼児、小児の成長、神経の成熟を促すために不可欠なホルモンです。基礎代謝を亢進させ熱を産生する、心臓血管の働きを強める、糖、脂肪の代謝を刺激する作用があります。
先天的に甲状腺ホルモンが欠乏すると、重大な精神・神経障害、成長障害を引き起こすため、生後5、6日目に赤ちゃんの足の裏から血液をろ紙に取り、甲状腺のスクリーニング検査を実施します。出生3千~4千人に1人の割合で欠乏が発見され、治療を受けています

記事をすべて読む

妊娠中のチェックを

甲状腺異常は成人女性にとってありふれた病気ですが、妊婦の場合、服用している薬剤や母体の甲状腺異常と関連する抗体が、胎児の甲状腺障害を起こすことがあります。妊娠中のヨード製剤による検査、ヨードを含むうがいのやり過ぎなどでも欠乏が起きる場合があります。
胎児は2、3カ月ころからやっと自分で甲状腺ホルモンを作れるようになります。妊娠初期、母体は胎盤ホルモンの影響で軽い甲状腺機能亢進状態になり、母体の甲状腺ホルモンが胎児に移行して胎児の神経成熟を促していることが分かってきました。胎児が自分で甲状腺ホルモンを産生できない場合は、母体からの甲状腺ホルモンでその影響を小さくすることができます。そこで妊娠中、母体の甲状腺機能をチェックすることが重要になります。
産後、甲状腺に何らかの異常をきたす母親は約20人に1人の割合といわれています。甲状腺ホルモンの異常があると、産後の肥立ちが悪くなり、精神面で不安定になり、育児に影響が出てきます。
当院では乳児健診の際、母親の甲状腺も同意を得てチェックしています。妊娠中および産後の母親の甲状腺は子どもにとても大切なものです。甲状腺チェックは忘れずにしましょう。

NPO法人ながのこどもの城
理事
あらかわファミリークリニック
新川一雄

掲載元:㈱週刊長野新聞社
週間長野
「じゃんけんぽん便り
子どもも親もいきいきと」
2019年2月19日 母親の甲状腺

記事一覧へ戻る

愛情ホルモン

触れ合うことで増加 幸福感や安心感持つ

愛情ホルモン、または幸福ホルモンという言葉を聞いたり、目にしたりしたことがありますか。そのホルモンはオキシトシンといいます。恋人やわが子との接触、見つめ合い、声を聞くーことで、脳内オキシトシンが増え、幸福感、結び付き、精神的落ち着きがもたらされます。
本来は分娩時の子宮収縮、授乳時の射乳を促す作用を持つホルモンです。実際、分娩促進にオキシトシン点鼻薬が使用されています。最近、母性、育児、家族、群れの形成、他者との絆形成にも重要であると注目されています。

記事をすべて読む

母性、育児、家族、他者と絆形成も

実験動物行動学の研究により(全てが人間に当てはまるとは限らないが)
①母体のオキシトシン神経を障害すると育児が下手になるか放棄してしまう
②男性ホルモンはオキシトシンを減少させる
③産まれてすぐの赤ちゃんが、乳首によく吸い付くことで母体のオキシトシンが増え母性が成立する
④母子はお互いに匂い、なき声でオキシトシンを増加させ、自分の家族、群れであることを認識する。オキシトシンの増加は群れの絆を強くするが、別の群れに対しては攻撃的になる
⑤犬は飼い主の目を見つめ、飼い主の意図を察することができる。犬と人とでオキシトシンが増加するーなどが分かってきました。
霊長類で、母親を見つめ何かを訴えて赤ちゃん言葉を発するのは「人」だけです。ほかの霊長類はずっと抱きかかえているので、その必要がないようです。
人は赤ちゃんを横に寝かせたり、少し離れたりすることがあるので、視線、泣き声、赤ちゃん言葉により母親のオキシトシンを増加させ、コミュニケーションを図る必要があります。以上は子育ての参考になると思います。
さらに研究が進むと、育児がつらくなった時や不安になった時、オキシトシン点鼻薬を処方してもらえるようになるかもしれませんが、まず、見つめ合う、話しかける、触れあうことから始めましょう。

NPO法人ながのこどもの城
理事
あらかわファミリークリニック
新川一雄

掲載元:㈱週刊長野新聞社 週間長野
「じゃんけんぽん便り
子どもも親もいきいきと」
2017年7月15日 愛情ホルモン

記事一覧へ戻る

低身長

低身長ー心配なときは小児科医に相談を

子どもの成長は速いものです。ところが、わが子の背が低いことを心配しながらも「そのうち伸びるだろう」と様子を見ている家族を多く見受けます。
背が極端に低いことを低身長と言います。具体的には標準身長からマイナス2.0SD(標準偏差の2倍)を下回っていれば低身長です。低身長を疑う目安は同性・同年齢の子ども100人中1~3番目に小さい場合です。生まれてから現在までの身長の記録を成長曲線に記入して、身長の伸びが標準的な範囲マイナス2.0SD~プラス2.0SDを大きく外れていなければ、あまり問題ありません。しかし、標準身長との差が大きい場合や身長の伸びが悪くなっている場合には病気が原因のこともあります。成長ホルモンや甲状腺ホルモンの不足、子宮内発育不全、軟骨・骨の異常などです。

記事をすべて読む

バランスよく食事をとる

また、子どもの成長は、栄養、運動、睡眠、精神的ストレス、薬物など生活環境に左右されます。なかでも大きく影響するのが栄養です。タンパク質を含む肉・魚・大豆製品など、カルシウム・亜鉛その他の元素を含む牛乳・乳製品・小魚など、ビタミン・ミネラルを含む緑黄色野菜、ご飯・パンなどの炭水化物、バター・脂肪を含むものなど、バランスよく食事をとることが大事です。特に成長にはタンパク質を十分に接種することが大切です。牛乳をたくさん飲んでカルシウムだけを接種しても、骨は十分に成長しません。コラーゲンというタンパク質の柱に、セメントのようにカルシウムが付いて骨は成長します。
適度な運動も代謝を活発にします。食欲が増し、骨・筋肉を丈夫にします。寝つきが良くなり、よい睡眠をもたらします。昔から寝る子は育つといわれますが、医学的にも夜間睡眠時に血液中の成長ホルモンが増えることが証明されており、早寝早起きが大事。高カロリーの甘い夜食は成長によくありません。
さらに愛情も子どもに大きく影響します。両親のけんか、子どもへの精神的・肉体的虐待、いじめその他の精神的ストレスがあると、ホルモン分泌・食欲・寝つき・運動などが低下し、成長が滞ります。あたたかい愛情は何よりも大切です。
低身長についてはいろいろな起因があります。体質性または家族性の場合がほとんどですが、心配な時は小児科医に相談することをお勧めします。

NPO法人ながのこどもの城
理事
あらかわファミリークリニック
新川一雄

掲載元:㈱週刊長野新聞社 週間長野
「じゃんけんぽん便り
子どもも親もいきいきと」
2015年11月21日 子どもの成長

記事一覧へ戻る

家庭訪問型 子育て支援
ホームスタート・ながのこどもの城

ホームスタートを利用してみませんか?

子育てって1人じゃ大変ですよね。誰かにちょっと助けてほしい時や、誰かを頼りたいときに…。
研修を受けた先輩ママがあなたのお家に来てくれます。
お友達のようにお話しを聞いたり、一緒にお子さんと遊んだりすることで、ママが元気に子育てできるように応援します。

すべて読む

ホームスタートとは

イギリス発。世界22の国々で実施されている「家庭訪問型子育て支援ボランティア」です。

ホームスタートはあなたとあなたの家族を応援します。

このような時、ご連絡下さい。

  • 気軽に話せる相手がいなくて寂しい
  • 出かけるのが億劫で家にこもりがち…
  • 幸せな妊娠…のハズなのにブルー
  • 下の子が生まれて、上の子をかまってあげられない…
  • 引っ越してきたばかりで心細い
  • 何で泣いているの…ずっと抱っこ…イライラする
  • ふたごなので、手が足りない
  • 家事が苦手で自分に自信が持てない

内容を聞きたいだけの方もお気軽にご連絡下さい。

ご利用のお問い合わせ・お申込み

  • TEL:080-9579-2078
  • FAX:026-223-0731
  • E-mail:hs-nagano@na-kodomo.com
  • 〒380-0835
    長野市大字南長野新田町1485-1 もんぜんぷら座2階
  • 運営団体 ホームスタート・ながのこどもの城

※パンフレットは
クリニック内にも置いてあります。

記事一覧へ戻る 記事一覧へ戻る